個別指導塾なのに個別ブースをなくした理由。 | 駅チカで通いやすく、カフェのように落ち着いた空間で伸び伸びと学習できる西淀川区の個別指導塾です。

ブログ

  1. 西淀川区の個別指導塾なら【T's Lab -つかもと研究所-】トップ
  2. ブログ
  3. 個別指導塾なのに個別ブースをなくした理由。

個別指導塾なのに個別ブースをなくした理由。

息子が親戚の子どもにおもちゃをとられて思いっきり泣いていた今日この頃です。
 
 
先日保護者の方からT'sLabつかもと研究所に対してうれしい感想を言って頂きました。
 
「授業ブースに仕切りがなくて開放的でいいですね」
 
そうなんです。
T'sLabつかもと研究所の授業ブースはそれぞれに仕切りがなく、授業風景全体が見渡せます。
 
なぜほとんどの個別指導塾がブースを仕切っている中T'sLabつかもと研究所は仕切りをなくしたのか。
その理由をお伝えします。
 
まず、講師がどんな授業を行っているかが随時確認ができます。
 
仕切りがあると、講師それぞれがどんな授業を行っているのかが把握できません。
さすがに講師が授業をせずに生徒と世間話ばかりしていることはないと思いますが、
もしその状態でもすぐに気づくことができません。
 
講師一人ひとりがどんな授業を行っているかを室長が把握しておくことは必須です。
 
さらに、特に生徒と講師との関係が長ければ長いほど授業の空気がなあなあになりがちになります。
仕切りで囲まれた個室のような状態では、この空気の中で授業が進んでいくことになるので、
メリハリのない授業になりがちです。
 
仕切りをなくしてオープンで授業を行うことで、室長の目だけでなく、他の講師の授業も見えるのでそんな中途半端な授業はできなくなります。
 
他の講師の授業の様子を感じながら講師同士でも高めあって授業のスキルを伸ばしていけます。
 
そして、生徒側にも同じようなメリットが生まれます。
生徒も他の授業の雰囲気を感じながら授業を受けますので、
頑張らないといけないという意識が芽生えます.(実際にそう言っている生徒が多いです)
 
やっぱり周りの目があるとさぼれないんですよね。
 
仕切りがあるメリットももちろんあると思いますが、
T'sLabつかもと研究所は仕切りのない開放的な授業形式でのメリットを存分に生かした個別指導塾になっています。
 
興味のある方はぜひお気軽にお問い合わせください。
 
 
個別指導T's Labつかもと研究所
室長

BACK

pagetop