医者になりたいので医学部予備校に通った結果

医学部は、中学生ぐらいから意識し始めとにかく勉強をがんばりました

医学部は、中学生ぐらいから意識し始めとにかく勉強をがんばりましたわざわざ授業に出るメリットはそれだけではなく、友達ができること結果的に、念願の大学に合格することができました

自分の親の影響は、自分自身にも及びますが、我が家の場合は医者だったため自分も医者になるために生まれたようなものです。
医者になるためには様々な方法がある中で、やはり医学部に行かなければいけないと言えるでしょう。
医学部は、中学生ぐらいから意識し始めとにかく勉強をがんばりました。
しかし、自分自身はそれほど頭が良くないため、高校もそこまでハイレベルなところに入ったことではありません。
いわゆる大学の附属に入ったわけですが、医学部を目指すならばその大学の学部に入るよりももう少しレベルの高いところに入った方が良いと感じました。
そこでワンランク上の大学を目指すために、予備校に入ったわけです。
予備校と言っても様々な種類がある中で、医学を学ぶ人たちを専門的に受け付けてくれる医学部予備校と呼ばれるところがあります。
そこに入りましたが、入る前には様々な調べ物をしました。
実際に入学してからは、いろいろなことを知ったわけですが、そのうちの1つがどのような授業形態になっているかです。